upgraderb.net

人生をupgrade、repairできる知識、経験を紹介していきます。

ライフスタイル

転職活動の進め方

投稿日:

転職活動を何度か経験しておりまして、転職活動をどのように進めるかをあまり転職経験の無い人に聞かれた際に回答したことをまとめました。

転職について、何からどうやって準備を進めていくか、順番に記載しました。

 

1.転職サイト(リクナビネクスト、エン転職、DODAとか)を眺めてみる

最初は有名サイトで全然問題ないので、どういうところで働きたいか具体的に候補を見て、気分を高めましょう。職種と勤務地を検索条件として指定すると、ある程度までは絞れます。職種によっては専門のサイト(IT技術系なら@typeやgreenとかありますね)も含めて候補を用意して問題ないです。

サイトでいいところがあればチェック。「気になる」ボタンとか、「検討リストに追加」ボタンで管理できます。もちろんいきなり応募もできます。応募時は職務経歴についてその場で何かしらの入力が必要になります。職務経歴については後述します。

 

2.サイト型かエージェント型か

ここまでは自分で検索して応募する「サイト型」の話をしてきましたが、転職活動で使用するサービスとしては大きく「サイト型」と「エージェント型」があります。エージェント型は転職サービス側の担当者が、個人に合った転職先候補を紹介してくれて、応募してくれる形になります。不慣れだと感じている方はまずエージェント型で進めると以下のようないいことがあります。

→転職先を絞り切れない時に話相手になってくれる

→面接に必要な書類や準備をサポートしてくれる

→転職サイトにのっていない未公開求人を出してくれる(こともある)

まあエージェントもピンキリですが(笑)この未公開求人もあるので何度か転職した自分でもエージェントに頼って転職を進めました。

自分で応募するにしても、エージェント経由で応募するにしても、応募時に必ず用意しなければいけない内容が以下になります。

 

3.転職理由は何か

まず間違いなく聞かれる内容です。なぜ転職を考えたのか、ネガティブな理由だったとしてもポジティブな説明が必要。面接で聞かれます。転職理由の書き方だけでも別記事にまとめてもいいかもしれませんね。

 

4.履歴書、職務経歴書を書く

履歴書は何度か書く機会はあったかもしれませんね。職務経歴書は、最初は部署異動毎にまとめてましたが、今ではプロジェクト単位で書いています。IT系ならプロジェクト毎に開発環境が違うので、相手が求める職務経験と照合がしやすいと思ってます。

 

5.志望動機・自己PRのカスタマイズ

エントリーする会社もしくは方面、業界が固まってくれば志望動機・自己PRを考えます。エントリーする会社毎に書類に落とし込むことになります。自分の場合は、エントリーする会社のポジションに合わせた自分の今までの経験や特性をまとめ、後段になので志望しました的にまとめられたらベストかなと。

 

6.転職活動における注意点

転職活動の進め方について記載してきましたが、もちろん注意すべきこともあります。

・とにかく慎重に
内定をもらえたらもちろん、嬉しいです。気持ちも前向きになるのですが、エージェント然り会社の採用担当者然り、まず間違いなく回答期限があります。内定をいただいてから1週間や2週間で返事をしないといけません。急かされても動じない心のあり方を持っていたいところです。

・今と比べプラマイをじっくり考える
動かないことも候補の一つですし、他に内定をもらえる可能性もありますので、期限までじっくり考えたいです。

・諦め納得も必要
ただ決断して新しい会社に入ってからでないと分からないことも多々あります。しない方がよかったと思わないように転職活動をがんばってほしいところですし受け止め方によっては自分を納得させる理由が見つかると思います。

・幅広い情報収集を
一般論すぎてすんませんて感じですが、今は検索すれば多少のことは情報として入手できることもあります。もちろん古かったりすると当てはまらないこともあるので話半分程度で捉えておくのがいいかと。

 

7.おわりに

ブログの1記事にするにはちょっとテーマとして駆け足でしたが、まずはざっくり流れを書きました。今後頃合いをみて部分的に詳細化したいと思います。まずは読んでいただき、ありがとうございました。

-ライフスタイル


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

腰が・・・

今回は体調に関してご報告。   まず膝に関してですが、普通に歩いたり、階段の上り下り程度では痛くなくなりました。ですが両膝を比較すると右膝が少し暖かい(熱を帯びてる)ので炎症自体はまだ残って …

no image

今までと同じ

まだ階段の上り下りは違和感あるけども、平地は痛みを感じなく、歩けるようになってきました。 まあ痛みを感じないのは朝の話で、仕事終わって帰る時とかは平地でも少し歩きにくく、階段は正直しんどい。 とはいっ …